地平線の彼方へ
自分用UPブログ。 空気の読めない方はお帰り頂く事をお薦めします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終端の王と異世界の騎士~The Endia&The Knights~
終端の王と異世界の騎士~The Endia&The Knights~

→ 此れは…
終端の王と異世界の騎士達との
壮大な戦いの序曲である……

世界を喰らう≪終端の王≫(Endia)
継ぎ接ぎされた≪偉大な可能性≫(Grandia)
太陽の≪狂詩曲≫(Rhapsodia)騎士の名を呼ぶ……

──忌避すべき終端...王を退ける者...
≪騎士≫(Knights)とは即ち刃である

刻を孕む≪終端の王≫(Endia)
調整された≪偉大な可能性≫ (Grandia)
生命の≪譚詩曲≫(Balladia)騎士の名を呼ぶ……

仮初の空に浮かべた追憶の≪追走曲≫(Canon)
≪地平線を渡る旋律≫(物語)を口吟むのは誰の唇?

──異世界を繋ぐ鍵...騎士を戴く物...
≪門≫(Gate)とは即ち駿馬である

歴史を呑む≪終端の王≫(Endia)
改竄された≪偉大な可能性≫ (Grandia)
運命の≪交響曲≫(Sinfonia)騎士の名を呼ぶ……

争いの調べで躍る円卓の≪円舞曲≫(Waltz)
≪支配権の正統性≫(物語)を振り翳すのは誰の正義か?

点いて往く灯火を...消えて逝く灯火を...
漆黒の≪髪≫(闇)が...緋い≪瞳≫(光)が...黙したまま見送るだけ…
嗚呼...唯...頁(Page)をなぞる様に...≪戯曲≫(Drama)通りに≪役者≫(Doll)は踊り...
残酷な幻想の美しい棘が...仄甘い≪陶酔≫(ユメ)を魅せ…
残酷な幻想の華やかな毒が...仄昏い奈落へと≪観客≫(キミ)を誘う...

願ったこと全てが叶う世界ではない →
だからこそ → 少年は大きく翔たくだろう...
嗚呼...希望も絶望も両手で抱きしめて →
それでこそ → 少年は大きく翔たくだろう...

『嗚呼...どんなに強い向かい風であれ決意という
              『どんなに強い風でも其の 翼を折ることは出来ない!』
          
無限に繰り返す痛みは輪廻の≪輪舞曲≫(Rondo)
≪世界が失った可能性≫(物語)を取り戻すのは誰の剣か?

今...ハジマリの空に浮かべた追悼の≪追走曲≫(Canon)
≪第五の地平線の旋律≫(物語)を口吟むのは≪少年≫(彼)の唇……
スポンサーサイト
緋色の風車~Moulin Rouge~
緋色の風車~Moulin Rouge~

廻る回る≪緋色の風車≫(moulin rouge)綺麗な花を咲かせて
躍る踊る≪血色の風車≫(moulin rouge)綺麗な花を散らせて

小さな掌に乗せた硝子細工...
其の宝石を『幸福』と謳うならば...
其の夜の蛮行は時代にどんな爪痕を遺し...
彼等にはどんな傷痕を残したのか...

運命に翻弄される弱者の立場に嘆いた少年は...
やがて『力』を欲するだろう...
其れは...強大な力から身を守る為の『盾』か?
其れとも...より強大な力でそれをも平らげる『剣』か?

何が起こったのか...良く解らなかった...
泣き叫ぶ≪狂乱の和音≫(luneのharmonie)...灼けた≪屍肉の風味≫(肉のsaveur)...
何が襲ったのか... 良く解らなかったけど...
唯...ひとつ...此処に居ては 危ないと判った...

僕は一番大切な≪宝物≫(モノ)を
持って逃げようと → 君の手を掴んだ……

嗚呼...訳も解らず息を切らせて走っていた二人
欲望が溢れだすままに暴れて奴等は追い掛けてくる……

星屑を辿るように...森へ至る闇に潜んだままで...
訳も解らず息を殺して震えていた二人
絶望が溢れだすことを怖れて強く抱き合っていた──
不意に君の肢体が宙に浮かんだ →
怯え縋るような瞳が ← 逃げ出し僕の背中に灼きついた……

廻る回る≪緋色の風車≫灼けつく≪刻≫を送って
躍る踊る≪血色の風車≫凍える≪瞬間≫を迎えて

嗚呼...もし生まれ変わったら...小さな花を咲かせよう...
ごめんね...次は逃げずに...君の傍で共に散ろう……

moulin rouge...
神々が愛した楽園~Belle Isle~
神々が愛した楽園~Belle Isle~

神話は生まれ...伝説は語られ...歴史は唯記される――

(Belle Isle)

嗚呼...物語は詠うように紡がれ続ける……

死を抱き眠る冥闇(クラヤミ)の水面を渡り揺れる焔...
その灯火を生命と呼ぶなら → 言葉は力と成るでしょう...
何時しか其処に奪う者と奪われる者が生まれた...
たったひとつを天秤に架けて → 争いは廻るでしょう...

故郷を喪った仔らは忘れない...
父の無念も...母の哀しみも...嗚呼...遠き大地を……

少年はやがて剣を取るでしょう...そしてその剣が折れても...
またその仔らへと託すのでしょう...遥かなる≪年月≫(トキ)の祈りを……

(Belle Isle)

平原は荒れ果てて砂漠と化し...海原は立ち上がり大地を呑む...
災厄の根が幾重にも絡み合い...異なる世界を繋ぐ≪門≫(Gate)は開かれる...
敵の憎悪は同情を遥かに凌ぎ...侵略ではなく完全なる破壊を望む...
氷と焔の相容れない宿命(サダメ)のように『神々が愛した楽園』は戦場へと変貌した……

屍を積み上げて ← 土台は築かれる...
脆く儚い現実は...瓦礫の城
亡骸の頂きに ← 平和は咲き誇る...
甘く拙い幻想は...硝子の色

恐怖を差し出ぜば...狂気が降り注ぐ...共存の道を蹴って...
猜疑は爪を研ぎ...正義は牙を剥く...定規を捩じ曲げたまま――いずれ...

少年は白き翼を得るでしょう...そしてその翼が折れても...
またあの空へと詠うのでしょう...愚かなる≪人々≫(タミ)の願いを...
嗚呼...少年は黒き剣を取るでしょう...そしてその剣が折れても...
またその仔らへと託すのでしょう...遥かなる≪年月≫(トキ)の祈りを……

少年は手に『剣』...背に『翼』...瞳に『未来』を――
嗚呼...物語は頁を捲るように紡がれ続ける →
朝と夜の物語
朝と夜の物語

生まれて来る朝と 死んで行く夜の物語(Roman)…(Laurant)
嗚呼…僕達のこの寂しさは 良く似た色をした≪宝石≫(pierre)
生まれて来る意味 死んで行く意味 君が生きている現在(いま)
11文字の≪伝言≫(message) 幻想物語(Roman) 『第五の地平線』

(Ro—man…嗚呼...其処にロマンは在るのだろうか?)

泣きながら僕達は来る 同じ苦しみを抱き締めて
笑いながら僕達は行く 遙か地平線の向こうへ
廻り合う君の唇に嗚呼…僕の詩を灯そう…≪人生≫(la vie)
いつの日か繋がる≪物語≫(Roman)――

泣きながら僕達は来る 同じ哀しみを抱き締めて
笑いながら僕達は行く 遙か地平線の向こうへ
廻り逢う君の唇に嗚呼…僕の詩を灯そう…≪人生≫(la vie)
僕達が繋がる≪物語≫(Roman)――

生まれて来る朝と 死んで行く夜の物語(Roman)…(Laurant)
嗚呼…僕達のこの刹那さは 良く似た色をした≪美花≫(fleur)

『太陽の風車 月の揺り籠 彷徨える≪焔≫(ひかり)の物語(Roman)
 壊れた人形 骸の男 時を騙る≪幻想≫(やみ)の物語(Roman)』

右腕には菫の姫君…(C'est mademoiselle violette,qu'elle est dans le bras droit.)
そして…(et)
左腕には紫陽花の姫君…(C'est mademoiselle hortensia,qu'elle est dans le bras gauche.)

嗚呼…僕の代わりに廻っておくれ…其の世界には――
僕が生まれてくるに至る物語(Roman)はあるのだろうか?

「さぁ…往っておいで…」
「はい…ご主人様…」(oui, monsieur)

廻り来る生の騒めき…太陽の風車…
廻り行く死の安らぎ…月の揺り篭…

我等は彷徨える 追憶に揺れる≪風車≫(moulin à vent)
廻り行く何の地平にも 詩を灯すでしょう……

此れは――
生まれて来る前に 死んで行く僕(Laurant)の物語(Roman)…(Laurant)
嗚呼…僕達はもう逢えなくても 現在を生きて往く≪憧憬≫(Roman)

――詠い(探し)続けよう → 君が迷わぬように……

『朝と夜(夕刻)』の狭間
『焔』は揺らめき
『宝石』を掴もうと
『腕』を伸ばし
『風車』が廻れば
『星屑』は煌めいて
『天使』が別れし
『美しき』幻想の
『葡萄酒』の陶酔(ゆめ) に
『賢者』も忌避する
『伝言』の真意を
『地平線』は識る

右手に死を 左手に生を
傾かざる冬の天秤…

――さようなら

Ro-man

――ありがとう

「其処にロマンは在るのかしら?」

「其処にロマンは在るのだろうか?」

「其処にロマンは在るのかしら?」

「嘘を吐いているのは誰だ…?」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。