地平線の彼方へ
自分用UPブログ。 空気の読めない方はお帰り頂く事をお薦めします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雷神の系譜
雷神の系譜

世界を救いし隻腕の英雄亡き後
邪神が封印されし地に街を築き
自らが結界の役割を果たし
永き平和への礎と成す...

誇り高き右腕に刻まれし雷の紋章(証)
彼の者達の名は 雷神の民
伝承の謎 紋章の秘密
少年が描く軌跡 雷神の系譜

弱い者ほど徒党を組み
身代わりの羊を捜す
愛を知らない幼き日々は
灼けた石の痛み

ひとり唇噤んだまま
膝を抱えて耐えていた
雨も宿ればいづれ過ぎ去る
嵐もまた然り

されど輝かざる紋章(印)
本当の強さってなんだろう?
差し出された少女の小さな手が
とても大きく見えた…

黙したまま何も語らぬ歴史の手の平の上で
出会ってしまった少年と少女の物語
十年の歳月も一閃の雷が如く
過ぎ去ってしまえば刹那
今...黒の歴史が再び動き出そうとしている…

遠い空見上げて この胸を焦がす
浮かぶのは彼女の 愛らしい笑顔だけ
適わぬ想いと 識っていながら…

麗しの君は何故 一族の長の娘
部族一強き者の許へ
嫁ぐこと定めしは 変えられぬ民の掟

嗚呼...雷無きこの腕じゃ 君のこと護れない?
想いなら誰にも負けないと
叫んでもその言葉 虚しくも風に消えた…

期は満ちようとしていた 長の娘も今年で婚礼を定められし齢十六
その誕生の日が差し迫り 一族の猛者達は競って名乗りを上げた
期は満ちようとしていた 邪悪なる波動が街全体を包み込み
空に立ち込めたる暗雲は <三度目の嵐>の訪れを告げようとしていた…

「おぉ...何ということじゃ(どうなされました?おばば様) 
黒き法衣を纏いし者達の影が見える
予言書の死と 奴らを封印の深奥へ行かせてはならん
邪神の封印を解こうとしておるのじゃ
いまや雷神様の血も薄れ 我らに扱えるは小さき雷のみ
あぁ恐ろしいや 天地を揺るがす強大な力じゃ 来るぞ...あぁ来るぞ…」

地を割る咆哮 天を裂く爪牙 烈火の如く燃えさかる六対の翼
暗黒を宿した瞳に魅入られただけで 勇猛なる戦士が次々と倒れていった…

嗚呼...人間は神の前では かくも無力なモノなのだろうか...
誰もが深い絶望に呑まれかけていたその瞬間
ひと際眩い閃光が雷(力)無き青年の体を貫いた…

「覚醒めよ...勇敢なる右腕を持つ者よ...
直系の雷を受け継ぎし者よ...
かつて私は邪神を封印せし折 雷の槍を放ったが故右腕を失った
今その雷を解放すれば 右腕はおろか全身が吹き飛ぶやも知れぬ
御主にその覚悟があるか?
…ならば今こそ覚醒めよ<雷神の右腕>よ!」

「ひとりでは耐え切れぬ 雷でもきっと
ふたりなら大丈夫 私は信じる!」

暗雲を貫く雷 あの日であった少年と少女は
今...二つの紋章重ね合わせて 輝ける未来を紡ぐ…

「…ちゃん...ねぇ...お婆ちゃん...お婆ちゃんったらぁ」
「どうしたの?それからお話どうなったの?」
「おぉ...そうだったねぇ ごめんよ」
「その後 雷神様が邪神をやっつけたんだよね?ね?」
「さてどうだったかねぇ...
昔の話だからもう忘れちゃったねぇ…」
「えぇー、そんなのずるいや!」

...そう言って微笑んだ祖母の瞳は とても優しい色をしていた
...その時の事は今でも印象深く覚えている
...私は信じているのだ 雷神の系譜は途絶えていないのだと…

受け継がれるモノ...受け継がれざるモノ...
暗雲を貫く光を翼に受け...その白鴉は羽ばたいて往く…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。