地平線の彼方へ
自分用UPブログ。 空気の読めない方はお帰り頂く事をお薦めします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
檻の中の花
檻の中の花

殺戮の舞台女優 『Michèl Malebranche』
彼女が犯罪史の表舞台に登場すること三度に渡り、
その短い生涯に於いては多くの奇怪な謎が残されたまま、
未だ完全には解明されていないのである。

(初舞台 「パパの幸せを描いてあげる…」 on 21 novermbre 1887)

実父 『Joseph Malebranche』 の凄惨な変死事件

証拠不十分及び、年齢に対する
殺害遂行能力に疑問の声が上がる。
現実と幻想の境界を認識出来ていない
類いの言動を繰り返し、
行動にも尋常ならざる点が多々見受けられた…。

(識られざる幕間劇)

鮮朱から冷蒼へ(De rouge vif au bleu froid)移り変わる 舞台の上に女優(Actrice)を呼ぶ
街角の影(Silhouette)手招くのは 闇(Tenebres)を纏った貴婦人(Dame noble)

素早く抱き寄せ 首筋に熱い接吻(Baiser)

少年(Garcon)の液体(Sang)は仄甘く 血赤色(Rouge)の陶酔感(ユメ)を紡ぎ
永遠の夜(Nuit)に囚われた 花(Fleur)は咲き続ける…

(二度目の舞台 「もう一度この手で彼女を…」 on 30 Juillet 1895)

養父 『Armand Ollivier』 の手による絞殺・死体遺棄未遂事件
深夜、半狂乱で笑いながら庭に穴を掘っている所を、
近隣住民の通報によって駆けつけた警察官に拠り逮捕。
その後、 『Ollivier』 は獄中にて完全に発狂した…。

(識られざる幕間劇)

鮮朱から冷蒼へ(De rouge vif au bleu froid)移り変わる 舞台の上に女優(Actrice)を呼ぶ
街角の影(Silhouette)佇むのは 闇(Tenebres)を纏った令嬢(Mademoiselle)

激しく愛して 花弁(Les petales)が堕ちるまで

女(Michèle)の勘を甘く見ないで 貴方(Monsieu)が愛してるのは
しなやかな若い肢体(Jeunesse corps) それは... 『私』(Bobo)じゃない…

(三度目の舞台 「少年の液体は仄甘く」 en 4 fevrier 1903)

『Michèl Malebranche』 による青少年連続拉致殺害事件
『Rouen』 郊外の廃屋にて多数の腐乱死体が発見される。
当時行方不明となっていた13人の少年達は、変わり果てた姿で
干乾びたような老婆 『Michèl』 の遺体に折り重なっていた…。

(自称...天才犯罪心理学者
『M. Christophe Jean-Jacques Saint-Laurent』 曰く)

「彼女がどんな魔法を駆使したのか、
それ私の識り及ぶ所ではないのだが、
殺害動機という観点でのみ論じるならば、
答えは明白であると言わざるを得ない」

「彼女は、自らを閉じ込める狭い檻の中から
抜け出したかったのでしょうな…
それも極めて偏執的なまでに。
...しかし、残念ながら
その願望は生涯叶うことは無かった。
...そして、死後1世紀を経過した今でも、
彼女はその檻の中にいる…」

「…何故そんなことが断言出来るのか?...良い質問だ。
よろしい、誤解を招くことを承知で、
この 『Christophe Jean-Jacques Saint-Laurent』
あえてここで公言しておこう。
我々もまた、彼女と同じ檻の中にいるからだと…」

( 『Michel Malebranche』 の手記に遺されていた詩の断片)

檻(Cage)の中で咲き乱れ 枯れ朽ち果てる前に
愛(Amour)を失くしたこの世界に… 捧ぐ...お別れの挨拶(Au revoir)

 ~ 連作幻想戯曲 『檻の中の花』  (著) Noel Malebranche
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。