地平線の彼方へ
自分用UPブログ。 空気の読めない方はお帰り頂く事をお薦めします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エルの楽園[→side:E→]
エルの楽園[→side:E→]

『私は…生涯彼女を愛することはないだろう…
しかし…彼女という存在は…私にとって特別な意味を孕むだろう…
何故なら…生まれてくる娘の名は…遠い昔にもう決めてあるのだから…』

――そして...幾度目かの楽園の扉が開かれる…

(Elysion, who ah... Elysion, who ah...)

白い大地に 緋い雫で 描かれた軌跡 罪の道標
古びた金貨 握り締めたまま 這い擦りながらも 男は笑った

廻るように 浮かんでくる 愛しい笑顔 すぐ其処に
夢幻の果てに 手を伸ばす様に 扉に手を掛けた

――そして...彼の現実は朽ち果てる……
(Come Down to the Elysion)

少女が小さく 咳をする度 胸の痛みが 春を遠ざける
襤褸い毛布でも 夢は見られる 愛を知った日の 温もり忘れない

眠るように 沈んでゆく 愛しい世界 水底に
夢幻の果てが 手を招く様に 扉は開かれた

――そして...彼女の現実は砕け散る……
(Come Down to the Elysion)

ねぇ...お父様(パパ) その楽園ではどんな花が咲くの?
ねぇ...お父様(パパ) その楽園ではどんな鳥が歌うの?
ねぇ...お父様(パパ) その楽園では体はもう痛くないの?
ねぇ...お父様(パパ) その楽園ではずっと一緒にいられるの?

(ねぇ...お父様(パパ)...)

窓を叩く夜風 弾む吐息 薄暗い部屋 楽しそうな談笑
虚ろな月明かり 白い吐息 薄汚い部屋 痩せた膝の少女

幾度となく繰り返される問いかけ 尽きることのない『楽園』への興味
嗚呼...少女にはもう見えていないのだ 傍らに横たわるその屍体が…

『ねえ、お父様(パパ)』
『なんだい、エル?』
『明日はなんの日か知ってる?』
『世界で一番可愛い女の子の誕生日』
『ふふ…私ね、お誕生日プレゼントは絵本がいいと思うわ…』

(Cross Door)...男の夢想は残酷な現実となり (Cross Talk)...少女の現実は幽幻な夢想となる
(Cross Door)...男の楽園は永遠の奈落となり (Cross Talk)...少女の奈落は束の間の楽園となる

...お父様(パパ)―― その楽園ではどんな恋が咲くの?
ねぇ...お父様(パパ) その楽園ではどんな愛を歌うの?
...お父様(パパ)―― その楽園では心はもう痛くないの?
ねぇ...お父様(パパ) その楽園ではずっと一緒にいられるの?

ねぇ...お父様(パパ) その楽園ではどんな花が咲くの?
ねぇ...お父様(パパ) その楽園ではどんな鳥が歌うの?
ねぇ...お父様(パパ) その楽園では体はもう痛くないの?
ねぇ...お父様(パパ) その楽園ではずっと一緒にいられるの?

(ねぇ...お父様(パパ)...)

(Elysion, who ah...Elysion, who ah...)
(Elysion, who ah...Elysion, who ah...)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。