地平線の彼方へ
自分用UPブログ。 空気の読めない方はお帰り頂く事をお薦めします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エルの絵本【魔女とラフレンツェ】
エルの絵本【魔女とラフレンツェ】

如何にして楽園の扉は開かれたのか…

鬱蒼と茂る暗緑の樹々 不気味な鳥の鳴き声
ある人里離れた森に その赤ん坊は捨てられていた

幸か...不幸か...人目を憚るように捨てられていたその子を拾ったのは
王国を追われた隻眼の魔女 ≪深紅の魔女と謳われた≫(Crimsonの)オルドローズ

銀色の髪に 緋色の瞳 雪のように白い肌
拾われた赤ん坊は いつしか背筋が凍る程美しい娘へと育った...

流転こそ万物の基本 流れる以上時もまた然り
二つの楽園を巡る物語は 人知れず幕を開ける...

〔くやしい…出してくれ…助けてくれ…〕

『ラフレンツェや…忘れてはいけないよ…』

銀色の髪を風になびかせて 祈るラフレンツェ 死者の為に...
小さな唇が奏でる鎮魂歌(Requiem) 歌えラフレンツェ 永遠(とわ)に響け...

時を喰らう大蛇(Serpens) 灼けた鎖の追走曲(Canon)
狂い咲いた曼珠沙華(Lycoris) 還れない楽園(Elysion)
蝋燭が消えれば 渡れない川がある
始まりも忘れて 終わらない虚空を抱く……

〔Creature's voice(=亡者どもの声)〕
「──オノレラフレンツェ」...悲痛な叫びの不響和音(Harmony)
〔Un-satisfied(=尽きせぬ渇望)〕
「──ニクキラフレンツェ」...呪怨の焔は燃ゆる

儚い幻想と知りながら 生者は彼岸に楽園を求め
死者もまた 還れざる彼岸に楽園を求める
彼らを別つ流れ 深く冷たい冥府の川
乙女の流す涙は 永遠に尽きることなく
唯...嘆きの川の水嵩を増すばかり...

──少女を悪夢から呼び醒ます 美しき竪琴の調べ
哀しい瞳をした弾き手 麗しきその青年の名は……

『ラフレンツェや…忘れてはいけないよ…
お前は冥府に巣喰う亡者どもの手から
この世界を守る為の最後の黄泉の番人
純潔の結界を 破らせてはいけないよ…』

祖母が居なくなって 唇を閉ざした
吹き抜ける風 寂しさ孤独と知った
彼が訪れて 唇を開いた
嬉しくなって 誓いも忘れていった...

──それは
手と手が触れ合った 瞬間の魔法
高鳴る鼓動 小さな銀鈴(Bell)を鳴らす
瞳と瞳見つめ合った 瞬間の魔法
禁断の焔 少女は恋を知った...

一つ奪えば十が欲しくなり 十を奪えば百が欲しくなる
その焔は彼の全てを 灼き尽くすまで消えはしない…

『ラフレンツェや…忘れてはいけないよ…』

愛欲に咽ぶラフレンツェ 純潔の花を散らして
愛憎も知らぬラフレンツェ 漆黒の焔を抱いて
彼は手探りで闇に繋がれた 獣の檻を外して
少女の胎内(なか)に繋がれた 冥府の底へ堕りてゆく……

──近づいてくる足音
やがて彼(Orpheus)が乙女(Eurydice)の手を引いて 暗闇の階段を駆け上がって来る
けれど少女は裏切りの代償として 残酷な呪いを歌った
嗚呼...もう直ぐ彼は...彼は振り返ってしまうだろう──

魔女がラフレンツェを生んだのか…ラフレンツェが魔女を生んだのか…
物語はページの外側に…

斯くして…楽園の扉は開かれた…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。