地平線の彼方へ
自分用UPブログ。 空気の読めない方はお帰り頂く事をお薦めします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エルの楽園[→side:A→]
エルの楽園[→side:A→]

誰かの呼ぶ声が聞こえた  少女はそれで目を覚ます
心地よい風に抱かれて  澄んだ空へと舞い上がる

誰かがね...泣いているの...

それは気の所為かしら?  もう...そういうことじゃないわ
      『そうよ気のせいよね』      『じゃあ風の所為かしら』
楽園で泣くはずないわ   だって楽園なんだもの
      『そうよ泣くはずないわ』     『楽園なんだもの』

何処かでね...泣いているの...

悲しみも苦しみも?    幸せ満ち溢れる世界?
      『そうよここには無いわ』     『そうそれが楽園』
楽園で泣くはずないわ   だって楽園なんだもの
      『そうよ泣かないでね』      『楽園だからこそ』

 本当はね...知っているの... 
『誰かがね...泣いているの...』

第四の地平線 その楽園の正体は…

空は荒れ 木々は枯れて 花は崩れ朽ち果て
腐敗した大地が 闇の底へと落ちてゆく...
エルは生まれ エルは痛み エルは望みの果て
安らぎの眠りを求め 笑顔で堕ちてゆく...

Ark 箱舟に托された願いたちは...
Baroque 歪んだ恋心のままに求め合い...
Yield 理想の収穫を待ち望みながらも...
Sacrifice 多大な犠牲を盲目のうちに払い続け...
StarDust ついには星屑にも手を伸ばすだろう...

挟み込まれた四つの≪楽園≫(EL)に惑わされずに
垂直に堕ちれば其処は≪奈落≫(ABYSS)

何処から来て 何処へ行くの 全ては誰の幻想?(ユメ)
差し出された手に 気付かないままに堕ちてゆく...
エルは倦まれ エルは悼み エルは望みの涯
安らぎの眠りを求め 笑顔で堕ちてゆく...

――退廃(Decadence)へと至る幻想 背徳を紡ぎ続ける恋物語(Romance)
痛みを抱く為に生まれてくる 哀しみ
幾度となく開かれる扉 第四の地平線――
その楽園の名は『ELYSION』またの名を『ABYSS』――
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。