地平線の彼方へ
自分用UPブログ。 空気の読めない方はお帰り頂く事をお薦めします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝と夜の物語
朝と夜の物語

生まれて来る朝と 死んで行く夜の物語(Roman)…(Laurant)
嗚呼…僕達のこの寂しさは 良く似た色をした≪宝石≫(pierre)
生まれて来る意味 死んで行く意味 君が生きている現在(いま)
11文字の≪伝言≫(message) 幻想物語(Roman) 『第五の地平線』

(Ro—man…嗚呼...其処にロマンは在るのだろうか?)

泣きながら僕達は来る 同じ苦しみを抱き締めて
笑いながら僕達は行く 遙か地平線の向こうへ
廻り合う君の唇に嗚呼…僕の詩を灯そう…≪人生≫(la vie)
いつの日か繋がる≪物語≫(Roman)――

泣きながら僕達は来る 同じ哀しみを抱き締めて
笑いながら僕達は行く 遙か地平線の向こうへ
廻り逢う君の唇に嗚呼…僕の詩を灯そう…≪人生≫(la vie)
僕達が繋がる≪物語≫(Roman)――

生まれて来る朝と 死んで行く夜の物語(Roman)…(Laurant)
嗚呼…僕達のこの刹那さは 良く似た色をした≪美花≫(fleur)

『太陽の風車 月の揺り籠 彷徨える≪焔≫(ひかり)の物語(Roman)
 壊れた人形 骸の男 時を騙る≪幻想≫(やみ)の物語(Roman)』

右腕には菫の姫君…(C'est mademoiselle violette,qu'elle est dans le bras droit.)
そして…(et)
左腕には紫陽花の姫君…(C'est mademoiselle hortensia,qu'elle est dans le bras gauche.)

嗚呼…僕の代わりに廻っておくれ…其の世界には――
僕が生まれてくるに至る物語(Roman)はあるのだろうか?

「さぁ…往っておいで…」
「はい…ご主人様…」(oui, monsieur)

廻り来る生の騒めき…太陽の風車…
廻り行く死の安らぎ…月の揺り篭…

我等は彷徨える 追憶に揺れる≪風車≫(moulin à vent)
廻り行く何の地平にも 詩を灯すでしょう……

此れは――
生まれて来る前に 死んで行く僕(Laurant)の物語(Roman)…(Laurant)
嗚呼…僕達はもう逢えなくても 現在を生きて往く≪憧憬≫(Roman)

――詠い(探し)続けよう → 君が迷わぬように……

『朝と夜(夕刻)』の狭間
『焔』は揺らめき
『宝石』を掴もうと
『腕』を伸ばし
『風車』が廻れば
『星屑』は煌めいて
『天使』が別れし
『美しき』幻想の
『葡萄酒』の陶酔(ゆめ) に
『賢者』も忌避する
『伝言』の真意を
『地平線』は識る

右手に死を 左手に生を
傾かざる冬の天秤…

――さようなら

Ro-man

――ありがとう

「其処にロマンは在るのかしら?」

「其処にロマンは在るのだろうか?」

「其処にロマンは在るのかしら?」

「嘘を吐いているのは誰だ…?」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。