地平線の彼方へ
自分用UPブログ。 空気の読めない方はお帰り頂く事をお薦めします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見えざる腕
見えざる腕

眠れぬ宵は路地裏の淫らな牝猫(chatte)に八つ当たりして…
嗚呼…見えざるその腕で首を絞める…
≪夢幻影≫(fantome de reve)壊れゆく自我(ego)の痛み…

狂えぬ酔いは屋根裏の小さな居城(chateau)を転げ回る…
嗚呼…見えざるその腕の灼ける痛み…
≪幻肢痛≫(Fantome de douleur)安酒をあびて眠る…

『…Alvarez将軍に続け!』

黄昏に染まる古き獣の森に…戦場で出会った二人の男…
金髪の騎士(Laurant)…赤髪の騎士(Laurant)…
争いは廻り…屍を積み上げる…
加害者は誰で…被害者は誰か?
斜陽の影に刃は緋黒く煌めいて──

片腕と共に奪われた彼の人生(sa vie)
仕事は干され恋人は出ていった…
何もかも喪った奪われた最低な人生(la vie)
不意に襲う痛みに怯える暮らし……

『大抵の場合(le plus, souvent)…貴方はうなされ殴るから…
私は…この侭じゃ何れ死んでしまうわ…
さよなら(Au revoir)…貴方を誰より愛してる…
それでも…お腹の子の良い父親(pere)には成れないわ……』

葡萄酒(du Fine)…発泡葡萄酒(du Champagne)…蒸留葡萄酒(de l'eau-de-vie)…
嗚呼…眠りの森の静寂を切り裂き…また奴が現れる──

馬を駆る姿…正に 悪夢 …赤い髪を振り乱して…振う死神の鎌…
首を刈る姿…正に 風車 …緋い花が咲き乱れて…奮う精神の針…
闇を軽るく纏った──

夢から醒めた現実は 其れでも尚も悪夢(ゆめ)の中
故に…その後の彼の人生は 酒と狂気…廻る痛みの中
左の頬に十字傷 赤く燃える髪に鳶色の瞳(め)
奴を…殺せと腕が疼くのだ 『見えざる腕』が疼くのだ……

誰が加害者で…誰が被害者だ…死神を搜し葬ろう……

『…殺してくれる!』

騎士(chevalier)は再び馬に跨がり…時は黙したまま世界を移ろう──
異国の酒場で再び出逢った二人の男(Laurant)…

隻眼にして隻腕 泥酔状態(アル中)にして陶酔状態(ヤク中)
嗚呼…かつての蛮勇 見る影も無く……

不意に飛び出した 男の手には黒き剣(epee Noir)

「退け…」

周囲に飛び散った液体(sang) まるで葡萄酒(pinot noir)

「何者だ貴様――うっ!ぐあぁぁぁ!!」

刺しながら…供された手向けの花の名──「こんばんわ」(bonsoir)

「こんばんわ…(bonsoir...)」

抜きながら…灯された詩の名──「さようなら」(Aurevoir)

「さようなら…(Aurevoir...)」

「はははははは…」

崩れ落ちた男の名はLaurant…走り去った男の名はLaurencin…
もう一人のLaurantは…唯…呆然と立ち尽くしたまま……

誰が加害者で…誰が被害者だ…犠牲者ばかりが増えてゆく…
廻るよ…廻る…憎しみの風車が…躍るよ…躍る…焔のように…
嗚呼…柱の陰には…少年の影が…鳶色の瞳で…見つめていた……

『嗚呼…人生は儘ならぬ…。
 されど…この痛みこそ…私の生きた証なのだ…!』

復讐劇の舞台を降ろされ…男は考えはじめる…
残された腕…残された人生…見えざるその意味を──

杯を満たした葡萄酒…その味わいが胸に沁みた……

(其処にロマンは在るのかしら…?)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。