地平線の彼方へ
自分用UPブログ。 空気の読めない方はお帰り頂く事をお薦めします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
呪われし宝石
呪われし宝石

「失敗(ヘマ)すんじゃねぇぞ…Laurencin」
「はっ!お前こそな…Hiver」

母なる大地が育んだ奇蹟 世界最大と謳われし貴石
30ctの赤色金剛石(Trente carat, diamant rouge.)
所有者を変え渡り歩いた軌跡 特典は予約済みの鬼籍
30ctの『殺戮の女王』(Trente carat, Reine Michele.)

鎖された硝子(verre) 優雅に眠る宝石(pierre) 過ぎ去りし日の夢の中
厳格なる幻喪(deuil) 傳かざる矜持(orgueil) 死神さえも腕の中
『彼女』こそが女王(reine) 抗う者は皆無 檻の外へは逃がさない……

狡猾な少女(fille) 影と踊った老婆(vieille) 幾つもの首を彩った
派手な娼婦(courtisane) 泥に塗れた王妃(reine) 幾つもの首を刈穫った
廻り巡る情景(scene) 色鮮やかな幻夢 喪うまでは逃がさない……

【祝い】が【呪い】に変わる 運命の皮肉
『彼女』の誕生にまつわる 知られざる≪物語≫(Roman)

男は掘った 薄暗い穴を 墓穴と知らずに
男は掘った 奈落へと至る 洞穴と知らずに

鎖された闇の中で 運命(永遠)に抱かれ
寝食さえも忘れて 掘った
灯された詩の中で 躍るように
侵蝕された歯車 斯くて狂ったように廻り(Et il tourne follment)……

──男を誘う不思議な霧…
眼前に現れたのは かつて見た事の無い美しき原石
その魔力に引き寄せられるかのように 男は震える手を伸ばした……

【幸運】(bien chance)…嗚呼…これまで苦労をかけた 可愛い妹(Noel)よ
【幸運】(bien chance)…嗚呼…これなら胸を張って 送りだせ……うぐっ!

← 欲に眼が眩んだ鉱山(mine)の管理者(concierge) ←
← 眼の色を変えた鷲鼻の宝石商(commercante) ←
← 我が眼を疑った隻眼の細工職人(artisan) ←
← 廻るよ廻る…死神(Dieu)の回転盤(roulette) →
堅牢に見える倫理の壁にも 時に容易に穴が空く…

【不運】(malchance)…嗚呼…帰らぬ兄を待ってる 嫁げぬ妹
【不運】(malchance)…嗚呼…変らぬ愛を待ってる 冬の夜空……

『もう…Hiverお兄様…』

頬杖…溜め息…人形師の娘…窓辺に佇む≪双児の人形≫──

『はぁ…いつお戻りになるのかしら…?』

鎖された硝子(verre) 優雅に眠る宝石(pierre) 過ぎ去りし日の夢の中
忍び寄る影(ombre) 溶け込む緋の闇(tenebres) 盗賊達は部屋の中
失敗(ヘマ)をすれば刑罰(peine) 命を懸けた任務 狙った獲物(もの)は逃がさない……

「やべぇ…ずらかるぞ!」
「おい!待ってくれよ!!」

白馬に乗らざる王子(prince) 些か乱暴な接吻(baiser)
嗚呼…『彼女』が再び世に解き放たれる……

母なる大地が育んだ奇蹟 世界最大と謳われし貴石
30ctの赤色金剛石(Trente carat, Diamant Rouge.)
所有者を変え渡り歩いた軌跡 特典は予約済みの鬼籍
30ctの『殺戮の女王』(Trente carat, Reine Michele.)

(其処にロマンは在るのかしら…?)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。